Contents >>

2014/05/21

Nohgakushi



えと、SLには関係の無い話です。

***

SLを始めた頃から、
暇が無いのなんのかんので
稽古を中断して早7年。
(素人の習い事だけどな~)

その間も何らかの形で
意識してきたつもりですが、
やはり中にいないと情報が来ない。

恩師の息子先生が
急性の動脈なんたらで
お亡くなりになったと
一昨日、別件でググッた時に知り
ショックを受けました。
しかも4年も前・・・。

うへえ、疎すぎ!
自分が情けなくなりました。
大先生がご隠居されたら
息子先生に入門させてもらおうと
思っていたのに。
(目の前で見せてくださった
能楽の荒技・"仏倒れ"超カチョエかった)
(先生が臨時で指導してくださってから
飛びかえりはホンマニ飛ばなあかんくなてまうた;;)

自分コミュ不全で人懐こくないので
目的があって入った場合、
その場の技術的な話や知識的な話しかせず、
長年一緒にやっても稽古離れると茶も飲まんし、
電話もメールもしないという(嫌いだし)
友達の無さぶりなんで、
そこ離れたら情報交換なんてものは皆無;;

そういえば某言語教室の先生が
亡くなった時も知らなかった。。。
友達付き合い無いってアカンね;;

でもご老体じゃない50歳。
そんなに若くして亡くなられるとは
思いもよりませんでした。

前の日まで普通にすごしていらしたそう。
大先生も現役ですし、
自分が習っていた頃は子方だったお子さんも
今は大学生で立派に舞台をこなしておられます。

これから技が人間離れしていく歳なのに
三代揃っての能がまだまだできたのに、
とても惜しまれます。

いつかもう一度観たいと思っていた、
観る側も熱くなる、
情念深い道成寺の乱拍子を
もう見られないのは非常に残念です。

しかし一期一会の世界で
(能は連日公演はせず、
同じお役も頻繁に来るわけではないです)
それを一度でも観ることが
できた機会に感謝します。

今更ですが、
故人のご冥福をお祈りいたします。


***

0 件のコメント:

コメントを投稿